2010年01月19日

BIDADARI

ビダダリ.JPG

 何と09年に購入したインドネシアもののCDはこのBIDADARIたった1枚である。今年はもう少し何とかしたい、というかしてもらいたい。
 スマトラ、ジャンビ出身のPipin,Putri,Wulanからなる三人組ダンドッゥット・グループ。これがデビュー作と思われる。何とマレーシアのPak Ngahプロダクション(そんなものあるのか)がかかわっていて音楽製作にもPak Ngahは参加している。当然ながらマレーシア伝統歌謡路線の味わいも髄所に垣間見れるが、ダンドゥット要素を捨てているわけでなく、その辺はPak Ngahも心得ているようだ。Bのポップ・スンダといいい全体的によくできているアルバムだと思う。ただ、3人のボーカルがちょっと優等生ぽくて個性がない気がするのと、サウンドにもう少しキレが欲しかった。まぁ、こういうアルバムがワーナー・インドネシアから出たことだけでも良しとしましょう。
posted by Dr.Cinta at 21:02| Comment(0) | ダンドゥット | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。